外貨を扱う外国為替市場における政策金利

7月
05

外国為替は為替を利用しながら取引を進めていきます。
色々な要因で変動する外貨ですが、各国の政府の方針によって変動が起こることがあります。
それは金融政策というもので、為替相場に直接影響していくことがあります。

金融政策というのは各国の中央銀行によって行われる、金融面より行われる経済面での政策となります。
為替相場においては政策金利が調整されていくと、目に見えて変動します。
よって投資家も大きく注目しているポイントとなります。
一般的には中央銀行によって景気がインフラ気味と判断した場合は金利を無理のない範囲で引き上げていきます。
これが利上げと呼ばれており、景気を冷ましていくために講じられます。

反対に景気が後退しているデフレ傾向にある時、金利を引き下げていきながら消費者へ購買意欲などを起こさせます。
利下げは経済のカンフル剤ともいえるでしょう。
金融政策において利上げもしくは利下げを講じた場合、為替相場について大きな変動要因となっていきます。
金融政策というのは国が将来理想的といえる経済成長について実現させていこうと決断して行使します。
利上げが一時的にも行われていった場合、内外の金利差を拡大していくこととなります。
逆に利下げとなると金利差が縮小します。
こうなると外貨の値下がりが著しく発生してしまいます。

政策金利によって中央銀行が国内外の銀行へ資金を貸し出していく時の金利も決まります。
大半は物価が上昇していったり下落していく時に政策金利が実施されます。
利上げを行うと過熱している景気を抑制して、金利を引き上げることによって色々なローンについて金利も引き上がります。
引き上がっただけ消費者はローンを組む時に自動車や家などの購入を控えていきます。
一方で消費活動を活発させるために利下げを行うことがありますが、外国為替市場へ投資をする際に安定するのは経済成長が緩やかな状態の国です。
長続きして安定していれば理想的といえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>