2月
28

これからFXをはじめてみたいけれど、専門的すぎて難しそうと考えているFX初心者に向けて、少しでも分かりやすく用語解説をしてみたいと思います。

リスクが大きいと言われがちなFXは利益を求める大きさによってリスクも大きくなっていくわけですが、FXの中でも比較的資産運用に向いていると言われているのが≪トラリピ≫という投資手法です。
トラップ リピート イフダン(TRIFD)を略してトラリピと言いますが、かつてはかなり面倒な手法だと言われていましたが、現在では自動化しているので気軽に利用できるようになっています。

トラップ→新たな注文と売り注文(決済)をセットにしてしまい発注を掛ける事を指します。
リピート イフダン→トラップを何度も繰り返すことを行える様に設定する事を指します。
トラップリピートイフダン→トラップとリピートイフダンを等間隔に複数回組み合わせた注文を指します。

更に分かりやすく言えば、狙った高値と安値を設定して売り買い注文を仕掛けるのではなく、1日の中で繰り返される値動きの波の中で小幅ながらもそれぞれの設定の中で利益を考えます。

しかし、ここで問題になってくるのが急落時の対応。
想定範囲外での急落は常に念頭に置いておき、リスク管理=資金管理をしなければなりません。
一度トラリピの設定をしておけば、自動更新してくれる反面、急落などの際には自ら管理しなければならないため、トラリピの欠点であるリスク管理が必要という面を逆手にとって上手く利用する事で資産運用を行う事が出来ます。
トラリピを始める前に見るサイト